わけぎラテ 福山雅治説

NOT潔癖

 

タイトルにもある通り僕は潔癖ではありません。

 

 

しかし僕は、

 

 

「トイレをする度に掃除」

 

「食事の後にすぐ掃除」

 

「風呂に入りながら掃除」     をします。

 

 

マスゴミ方式的にここだけ切り取って聞くと確実に潔癖ですが弁明させてください。

 

 

断じて潔癖ではないです。

 

 

〇〇理論

 

 

「トイレをする度に掃除」

 

 

こちらに関して潔癖の方からよく聞くのが、「誰かが座った便座が無理だから先に掃除をする」という意見です。

 

 

これは “便座に座る前” の話ですが、

僕のは “用を足した後の話” です

 

第一に僕は誰かが座った便座は全然平気です。

 

 

僕が気にしているのは、僕が使った後に入る人が「うわ、さっきの人使い方汚ッ」と思われないかということです。

 

もし自分がトイレを汚して入れ違いで人が入ってきたとしましょう。

その場合、その入れ違った人の中では僕がトイレを汚した犯人になってしまうわけです。

 

申し訳なさと恥ずかしさで乳首に口内炎ができてしまいます。

 

 

例え他人だろうと、汚い・常識が無いと思われたくないから僕は自分が用を足し終えた後にトイレを掃除するのです。

 

そもそも僕は掃除がめんどくさいので家でも外でも、大も小も座ってします。

 


 

 

「食事の後にすぐ掃除」

 

 

これは主に外食での話で、理由はトイレと同じです。

 

 

お店の人にイヤな客と思われたくないから良い客を演じているのです。

 

食べ終わるとテーブルを拭き、ゴミを分別しまとめ、お皿ごとに重ねて置いておきます。

 

そもそも僕みたいなクソキモ陰キャオタクが来店すること自体、お店に迷惑がかかっているようなものなのでこれくらいやってようやくプラマイゼロだと思います。

お店の人がそんなことを気にしてないということは僕も接客業をやっているので分かるんですけどこっちが思ってるんだからそんなことは知ったこっちゃないです。

 


 

 

「風呂に入りながら掃除」

 

 

掃除と言ってもお湯に浮いてるゴミや毛を取るくらいです。

 

これも理由は同じく、後に入る人に汚ねえと思われたくないからです。

 

 

 

このようにわけぎラテさんは潔癖なのではなく、ただの自意識過剰野郎だということがわかったと思います。

 

 

ただの偶然かもしれませんが、僕と全く同じ理論を持っている有名人がいました。

 

 

 

それは

 

 

 

 

 

 

福山雅治理論

 

実はこの理論、福山雅治さんがしゃべくり007に出演された時に全く同じことをおっしゃっていてビックリしました。

 

 

もしかしたら僕は福山雅治なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

そういえば僕は福山雅治でした。

 

 

 

 

 

 

どうも福山雅治です。